社会ニュース

初めての選挙でも大丈夫!投票のしかたがわからないときに読む記事

投稿日:2017年9月25日 更新日:

Pocket

初めての選挙でも大丈夫!投票のしかたがわからないときに読む記事


※産経WEBより 衆院解散を表明する安倍首相

安倍首相は9月25日の記者会見で、9月28日召集の臨時国会冒頭に、衆議院を解散する意向を表明しました。これにより、9月末で衆議院解散、10月中に、衆議院選挙が行われる事が非常に濃厚となりました。

なぜこの時期に解散総選挙なのか?、北朝鮮問題は大丈夫なのか?、加計問題はどうなったの?とかいろいろ論点があるかと思いますが、今回の記事では、別な視点で記事をご紹介します。

というのも、2015年に改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられましたので、今回の選挙は18歳以上のみなさんが選挙で投票する事が可能になる初めての衆議院選挙、という事になるからです。

管理人もそうでしたが、十代、二十代のうちは、アルバイトや仕事、プライベートが忙しかったりして、中々社会の仕組みや政治に関してまとまって勉強する機会もとれなかったのではないでしょうか?

管理人は四十代のサラリーマンで、今まで選挙になるべく行くようにはしていましたが、最近引っ越したこともあり、今の住所で投票をした事がなく、わからない事も多いです。

そんなわけで、自分の投票のおさらいも兼ねて、初めて選挙に行く方にも分かりやすいように、選挙のやり方をまとめてみました。

初めての選挙 行き方/いつ、どこへ、何を持って行けばいいの?

有権者には世帯毎に選挙の2週間ほど前に 「投票のご案内」もしくは「投票所入場券」というものが郵送されます。そこに、選挙の投票日と、投票所の住所、地図が書かれています。

※投票所は、近くの小中高校や集会場、公民館などの場合が多いです。

選挙の行き方

「投票のご案内」に投票の場所や地図が書いてあります。たいていの場合は、近所の小中学校、高校、公民館や役所など、地域の皆さんが分かる場所が投票所になっていますので、それほど迷わずに行けると思いますよ!

投票日    「投票のご案内」に記載
投票所    「投票のご案内」に記載
投票時間   「投票のご案内」に記載

※投票時間は、原則、投票日のAM7:00-PM8:00です。

 

投票に行く際の持ち物、入場方法

投票日当日は、入場券が必要ですので、 「投票のご案内」もしくは「投票所入場券」に同封されていた入場券を持っていきましょう。「投票のご案内」を受付で見せると、選挙人名簿に記載されているかどうかの確認を係の方がしてくれます。

※「投票のご案内」を紛失したり、持参するのを忘れたりした場合は、住所・氏名・生年月日をお聞きして選挙人名簿に登録されているかどうかを確認します。身分証明書などはいりません。

※一応、念のため、詳しくは最寄りの選挙管理委員会に問い合わせましょう。各市町村毎に選挙管理委員会がありますよ!

投票所用紙の受取

入口で確認してもらった、「投票のご案内」と引き換えに、投票用紙を受け取る事が出来ますので、そのまま、記載所へ向かいます。

※記載所とは、投票ブースのことで、横が仕切りになっています。
※目が不自由な人は、点字投票が可能です。

投票用紙への記載

投票したい候補者・政党等をよく確かめて、投票用紙に手書きで、記載します。

※投票ブースには鉛筆がありますので、筆記用具の持参は不要です。
※記載所には、候補者氏名、党名、比例代表選挙の場合は名簿届出政党等の名称・略称が貼りだされています。
※また、書き方は紙に書いてありますし、分からなければ、係の方に確認できますので、気軽に聞きましょう。

※代理投票について
身体が不自由な人、読み書きが十分にできない人は、代理投票ができます。代理投票は、投票管理者(投票所の最高責任者)があらかじめ指定した2人の補助者(投票所従事者)のうち、1人が選挙人の指示する候補者等の氏名を書き、あとの1人が立ち会って投票がおこなわれます。

投票箱へ投票用紙を入れる

投票用紙を投票箱へ 投函し、投票終了です。

不在者投票のやり方

旅行や仕事で投票日に投票所へ行けない場合は、不在者投票が可能です。これは、事前に投票が出来る制度です。
やり方は簡単で、「投票のご案内」をもって、住民票のある役所へ行けばOK。

※不在投票期間:選挙公示日の翌日から投票日の前日まで
※役所の窓口  :臨時期日前投票所

※投票の流れは投票当日と一緒です。

 

選挙とは?

投票の仕方はお伝えしたのですが、そもそもなぜ選挙に行くのか?と疑問に思ったかもしれません。

ここでは、少し選挙についても触れてみたいと思います。

選挙や投票のおおまかな仕組みについては、言葉はイメージがあると思います。小学校の時に、学級委員を選挙で決めたりしたかも。みなさんが1票ずつ持ってて、多数決で当選者が決まる、というあれです。

また、小学校や中学校の授業で習うように、

「日本は民主主義の国」

「日本の国籍をもつ20歳以上の男女が選挙権をもつ」

「国民にはリーダーを選挙で選ぶ権利がある」

「選ばれたリーダー達は議会で、議論し、多数決でルールを決める」

「選ばれたリーダーは、行政の長(区長、市長、県知事、大臣など)になって権限を持つ」

というのは、なんとなくは耳にした事があるかもしれません。たまにニュースや情報番組でも出てくる言葉です。ですが、選挙の時の投票の具体的なやり方は?というと、実は教わってなくて、大人でもニュースや新聞、自分の経験で覚えた方が多いのではないでしょうか。

例えば、

選挙に行くにはどうしたらいいのか?

どうしたら投票できるのか?

誰に投票したらいいのか?

誰に投票するか決める為の情報はどこにあるのか?

投票所はどうなっているのか?めんどくさいのか?

などは、良く分からないまま、経験的に覚えました。

一方、ニュースを見ていると

「投票率が低い、特に若者」

「選挙に行くのは国民のつとめ」

 「若い人が選挙に行けば、社会が変わる」

なんだか、国民の義務を押し付ける感じのコメントが多いですよね。上からな感じで嫌ですね。管理人は20歳台のころは、なんだか面倒に感じて、選挙に行ってませんでした。

なんとなく大事な事っぽいけど、面倒くさいからいいか。って感じでした。

ですが、管理人が大人になって、仕事をするようになって、家庭も持ったりして、自分で給料とか、引っ越しとか、公共料金とか、税金とか、いろいろと手続きなどをする事が増えました。

そんな中で、会社で仕事をしていても法律に基づいルールに従って仕事が行われていたり、プライベートで区役所に行っても、さまざまなルールがあったりすることを実感する機会が多くなったんです。

そこで、社会は法律やルールにしたがって動いていて、その法律やルールを決める権限を持っているのが、議会。そして、その議会の議員を私たち国民が選ぶことが出来るのが選挙。

という事は、選挙権を持っていて、実際に投票出来るというのは、実はすごい事なんだなと、実感したわけです。

 さいごに

初めての選挙でも大丈夫!投票のしかたがわからないときに読む記事」いかがでしたでしょうか?少しでもお役に立てたらうれしいです。せっかく持っている選挙権ですし、自分の意見を社会に反映させるよいチャンスですので、是非投票所へ足を運んでみてはいかだでしょう?

関連記事

初めての選挙でも大丈夫!投票のしかたがわからないときに読む記事
初めての選挙でも大丈夫!候補者の決め方がわからないときに読む記事

-社会ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めての選挙でも大丈夫!候補者の決め方がわからないときに読む記事

目次1 初めての選挙でも大丈夫!候補者の決め方がわからないときに読む記事1.1 誰に投票すればいいの?投票先の決め方1.1.1 前提 国のルールは多数決で決まる。1.1.2 投票先の決め方、どの政党や …

2017衆院選 東京11区,12区,13区,14区,15区候補者SNSまとめ

目次1 2017衆院選 東京11区,12区,13区,14区,15区候補者SNSまとめ1.1 東京11区 各候補者のSNS1.1.1 宍戸千絵(ししどちえ)氏のSNS1.1.2 前田順一郎(まえだじゅん …

2017衆院選 神奈川6区の候補者(立候補予定者)のSNSまとめ

目次1 2017衆院選 神奈川6区の候補者(立候補予定者)のSNSまとめ1.1 神奈川6区について1.2 各候補者のSNS情報1.2.1 上田勇(うえだいさむ)氏のSNS1.2.2 串田誠一(くしだせ …

マクドナルドからハッピーセット「くまのがっこう」9/8から!

目次1 マクドナルドからハッピーセット「くまのがっこう」9/8から!1.1 くまのがっこう 発売はわずか1週間!1.2 ハッピーセット「くまのがっこう」の遊び方1.3 ペーパークラフト(全1種)1.4 …

17年版【ふるさと納税】返礼品おすすめランキングベスト5

目次1 17年版【ふるさと納税】返礼品おすすめランキングベスト51.1 ■ベスト5 「特盛り九州産豚切落し4キロ」1.2 ■ベスト4 「北海道産 いくらの醤油漬け500g」1.3 ■ベスト3 「国産う …