スポーツ

中村奨成選手の進路は?甲子園で大活躍!進学先を予想!

投稿日:2017年8月23日 更新日:

Pocket

中村奨成選手の進路は?甲子園で大活躍!進学先を予想!

 

 

2017年夏の全国高校野球で注目度ナンバーワンの選手は何といっても、広島県 広陵高校の中村奨成選手ですね。

守備のかなめ、キャッチャーのポジションですが、肩がいいのはもちろん、バッティングが注目されていますね。今大会では、PL学園の清原選手が持つ、1大会5本塁打の記録を破り、1大会6本塁打を放ちました。

今回は、このプロも注目する中村奨成選手について調べてみました。

中村奨成選手|プロフィール

中村選手は小さいころから広島カープの大ファンのお母さまのもとですくすくと育ちました。

野球が大好きなお母さまは、小学校時代は中村選手のキャッチボールに付き合い、中学になっても、バドミントンの羽を野球ボールの代わりにして、練習をしたというエビソードがあります。なんだかとてもいい話ですね。

ちなみに中学は廿日市市立大野東中学校ですが、中学の野球部には所属せず、大野シニアに所属して、練習を積みました。

中村奨成選手|身体能力

中村選手は1985年にPL学園の清原和博選手が樹立した、1大会5本塁打を超え、6本塁打を打ちました。かなりバッティングがいいですね。そんな中村選手の身体能力を見てみましょう。

身長:181cm
体重:78kg
ダッシュ力:50mを6秒ジャスト

管理人も試合のテレビ中継を見ましたが、かなりの走力で足が速い印象を受けました。しかし、中村選手にはもうひとつ特筆するべき特徴、肩の強さがあります。

それは、キャッチャーが2塁に投げる速さが最速で、1.75秒なのだそうです。

プロのレベルでも2秒を切ればかなり速い=肩が良いとされていますので、2塁への送球スピードにおいては、既にプロレベルと言えそうです。

中村選手の個性

中村選手が所属する広島広陵高校は2007年以来の甲子園決勝進出を果たしましたが、チーム自体も素晴らしいチームです。

中でも、中村奨成捕手とバッテリーを組む平元銀次郎投手は140キロ台の速球と、落差の大きなタテのスライダーを投げ分ける本格派で、大会屈指のピッチャーの一人です。

実は中村選手はそんな平元投手の球を、ブルペンではノーサインでキャッチングしているそうなのです。

これは、広陵高校の中井監督の指導による、「ノーサインキャッチング」だそうです。

これにより、中村選手のキャッチングが上達しただけでなく、広陵高校の投手たちものびのびと腕を振って、ピッチングする事ができ、甲子園の決勝まで到達しました。

このキャッチングと強肩が相まって、広陵高校のディフェンス力の強さの秘訣かもしれません。

中村奨成選手|進路

中村選手は現時点で、進路を明言していないようでので、もちろん、進学先などは現時点ではわかっていません。

ですが、甲子園でチーム仲間たちとともに全力で戦ったわけですから、まずはじっくりと休んで欲しいものですね。

ちなみに、広陵高校出身のプロ野球選手をしらべると多くのプロ野球の先輩がいますね。

有名どころでは、(皆さん有名ですが)阪神タイガースの金本監督が広陵高校出身ですね。

みなさん、即プロに行かれた選手もいれば、大学野球を経験してからプロで活躍された方もいて、進学されるかたもいるようですね。

さいごに

素晴らしいパフォーマンスで甲子園を沸かせてくれた中村奨成選手。

ほかの甲子園の球児たちもそうですが、ぜひいい環境で野球が続けられることを願ってます。そして、そのパフォーマンスをもっと磨いて、野球ファンを楽しませてほしいですね。

本日はお読み頂きありがとうございました。

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした