ITインターネット

スマホ乗っ取りの方法と対策!セキュリティ被害にあわない為には?

投稿日:2017年9月13日 更新日:

Pocket

スマホ乗っ取りの方法と対策!セキュリティ被害にあわない為には?

「世界中のスマホ14万台が乗っ取られ、企業を狙ったサイバー攻撃が行われていた事が判明。日本では少なくとも226台が乗っ取られる。これにより遠隔操作され企業のサイバー攻撃の媒体として利用された」    (NHKニュースより引用)

このニュースを知っていますか?

近年では、スマホが普及し生活に欠かせないものになりましたが、自分のスマホが悪意ある誰かに乗っ取られて、知らない間に企業のサイバー攻撃片棒を担がされるなんで、いやですよね!

このような事態を避けるために、まずは実際に発生したスマホのセキュリティ被害の実例と、それを回避する方法をご紹介します。

関連記事

スマホ乗っ取りの方法と対策!セキュリティ被害にあわない為には?
スマホ乗っ取り対策アプリ(IOS・アンドロイド編)

スマホのセキュリティ被害の実例

パソコンにもスマホにも影響を与える代表的なウイルスに「マルウェア」というものがあります。

これは、コンピューターウイルス、トロイの木馬、ワームなどのウイルスを総称し、主に不正に悪意をもってスマホやパソコンを作動させる事が目的で作成されたソフトやコードの事です。

近年では、このマルウェアが社会で大きな問題になっています。

主な例としては

「市民大学のメールアカウントの乗っ取り」メールアカウントを利用して、スパムメールの踏み台として使われていた事が判明。

「病院のサイトが不正アクセスで改ざん」病院また関連施設の情報が書き換えられた事が判明。

「証券会社のサーバーがダウン」第三者の悪意で、サーバーへのアクセスが妨害される。

「企業の顧客向けサイトが乗っ取られ、カード情報が漏洩」サイトが乗っ取られ、顧客のカード情報が外に漏れた事を発表。

など、多くの被害事例が報告されているんです!

ウイルスは一日に数万個以上のスピードで作成されており、今後も増殖を続けていくと考えられ、企業内でも対策が急がれています。

このように聞くと、コンピュータのプロではない自分たちが、スマホの中の個人情報を守るにどうすればよいか対策を考えなければいけません。

 

スマホの乗っ取りの手口と確認・対策方法

まずスマホを乗っ取られる可能性は、サイトを開く、アプリのダウンロードなど普段使っている状況で起きてしまいますので、定期的に確認を行うのが得策です。

まずマルウェアとは、スマホを乗っ取っていても本人が気づかないように、こっそりと個人情報を抜き出している事が多いです。

抜き取られた事にさえ気づかず、後から判明するのはこのためです。ですが、意識して気づける事もあるのでそれを紹介します。

システムやアプリの動きがおかしい

まずは第一にアプリとシステムが正常に作動しているかを確かめましょう。マルウェアに感染している場合、アップデートが行なわれなかったり、エラーメッセージを発する、アプリが突然ダウンするなどの症状がある為です。

またインストールした覚えのないアプリがアイコンとして載っている場合も考えられます。

挙動のおかしいアプリを発見してインストールする場合、アプリに管理権限がある場合はアンインストールできない場合がありますので、アプリをダウンロードする時にどこまで権限を持たせるかに注意しましょう。

発信・メールの履歴に覚えのないものがある

勝手に国際電話を行い不正な料金は発生している事例もあります。そのため定期的に通話履歴の確認が必要です。

データ使用料の確認

先ほど述べたように、マルウェアに感染していればアプリが正常な動きを行いませんので、同時にデータの使用量が増大している事があります。

アプリのデータ量の確認をできるアプリがありますので、確認が不信なものがあればアンインストールが最適です。

おかしなテキストメッセージ

マルウェアをスマホに感染後に、遠隔操作する場合はテキストメッセージで指令をおくる事がよくみられます。

遠隔操作され、友人などに勝手にメッセージを送り、不正インストールさせ感染を拡大します。

送った覚えのないメッセージがある場合は、マルウェア感染の可能性があります。

マルウェア感染の疑いがある場合の対策としては、信頼できるセキュリティアプリをインストールし機器をスキャンする、または公式のセキュリティサービスへの連絡をするのが得策です。

良く分からなければ、ショップへ行ってもいいでしょう。auならauショップ、ドコモならDOCOMOショップでも次の善後策を提示してくれるでしょう。

 

セキュリティ被害にあわない為に、普段から出来る事

ふだんから出来る予防としては、OSを最新にアップデートしておく事と端末上の重要なデータをバックアップしておくがあげられます。

万が一被害にあってショップに相談に行った際に、OSの入れ直しや端末取り換えになる場合がある為です。

またアプリ感染はこれからも増加してきますので、サイト上からのインストールではなく、正規店からアプリをインストールするのも効果的です。

現在では、マルウェア対策への施策が進んでいますが、セキュリティのための技術者が足りていないという事も事実です。

そのためスマホ乗っ取りを避けるためには、まず水際で利用者のセキュリティ能力が向上する事が一番近道なのかもしれません。

関連記事

スマホ乗っ取りの方法と対策!セキュリティ被害にあわない為には?
スマホ乗っ取り対策アプリ(IOS・アンドロイド編)

-ITインターネット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhone X/8/8 Plusの容量はどっちがおすすめ?64GBと256GBの選び方。

目次1 iPhone X/8/8 Plusの容量はどっちがおすすめ?64GBと256GBの選び方。1.1 ihphone X いよいよ発売1.2 iPhone X/8/8 Plusの容量はどっちがおす …

スマホ乗っ取り対策アプリ(IOS・アンドロイド編)

目次1 スマホ乗っ取り対策アプリ(IOS・アンドロイド編)1.0.1 関連記事1.1 セキュリティアプリ(IOS編)1.1.1 ノートンモバイルセキュリティ1.1.2 ウイルスバスターモバイル1.1. …